Top > 宝塚歌劇団の由来

宝塚歌劇団の由来


■送料無料■宝塚歌劇団 CD【2007年宝塚歌劇全主題歌集】08/4/9発売

 

宝塚歌劇団の生みの父は、故・小林一三氏です。小林氏は、阪急電鉄や東宝を創設育成し、発展させ、商工大臣、国務大臣兼戦災復興院総裁などの要職に就いた人です。小林氏は、日本最初のターミナルデパート(阪急百貨店)を開設した人でもあります。

宝塚歌劇団は、この小林氏のひらめきから誕生したものといわれます。田舎を走る鉄道に「何か目的があればお客さまは電車に乗って来る」と考え、まず宝塚に温泉・室内プールを創設。しかしこれは失敗。その後人気の少年音楽隊を見て、「プールに蓋をして観客席にし、女性だけで歌わせたらどうか」と思いついたのが、宝塚歌劇団の始まりとなりました。

宝塚歌劇団に魅了されたファンたちや、興味をもった人々は、小林氏の想像に違うことなく、田舎を走る鉄道の「電車」に乗ってやってきます。それのみならず、今や遠く外国から飛行機に乗ってやってくる観光客も大変多くいます。

宝塚歌劇団のモットーである「清く、正しく、美しく」は、小林氏の遺訓といわれており、今もこの流れは大事に受け継がれています。

 日経225  eワラント  花粉症  腰痛と腹筋
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
宝塚とは(2009年8月20日)
宝塚について(2009年8月20日)
宝塚歌劇団の由来(2009年8月20日)
宝塚歌劇団の魅力(2009年8月20日)